SDGsの取り組み



―2030年「持続可能な開発目標」の達成に向けて、私たちにできること―
日本住環境株式会社は、
未来に向け、
住む人が永く快適な住環境を
実感できる家づくりをモットーに
今後も関連製品の開発と技術情報を提供していきます。

 

 

世界を変えるための17の目標

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの15年間で達成すべき世界共通の目標です。「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さないこと(leave no one behind)を誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。



・JAPAN SDGs Action Platform(外務省:外部リンク)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

日本住環境の取り組み

私たち人は、自然の恵みを受けながら、一方で自然と闘いながら生きています。だからこそ私たちは環境のことを真剣に考えなければならないと思います。住まいにおいては「自然を積極的に取入れる技術」と「遮断する技術」により、今まであった「住まいの無駄や無理」を軽減させることが可能になります。 そのためには「高断熱」「高気密」「計画換気」「冷暖房」のバランス、つまり、自然環境を味方にして「空気」と「熱」をいかにコントロールしていくかが大切になります。

私たちが提案する「高断熱」「高気密」を基本とした技術は、積極的に自然を取入れ、さわやかな住環境を実現します。四半世紀かけて技術開発してきた弊社の製品やサービスは住む人からは見えません。見えないところから住まいの主役である「ヒト」が快適に過ごせる住環境を実現化すること、そこにこそ私たち日本住環境株式会社の使命があると考えています。




ヒートショックをなくし高齢者にも優しい住まいを増やす
 
<目標とする冬の温熱環境>
部屋間・上下間の温度差を2~3℃以内に、15℃以下の低温部分をつくらない、気流感を感じさせない0.15~0.2m/s、湿気っぽさを感じさせない相対湿度40~60%

シックハウスをなくし不快さを感じさせない空気環境
<目標とする室内濃度指針値>
揮発性有機化合物 例:ホルムアルデヒド0.08ppm(25℃の場合)(厚生労働省指針)
二酸化炭素濃度1000ppm以下(ビル衛生簡管理法に準ずる)

関連するゴール
すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市および人間居住を実現する
 気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる  




建物外皮の高断熱高気密化を促進し日本国内に広く浸透させる
 
<目標とする気密レベル(相当隙間面積C値)>
0.5㎠/㎡以下(長期優良住宅、ZEH住宅、低炭素住宅、LCCM住宅の普及へ貢献)(地球温暖化防止にも貢献)

関連するゴール
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を保持し、福祉を促進する
すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市および人間居住を実現する
 気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる  

 


雨漏れ、漏水、結露させない構造躯体づくりを促進させる

通気層の確保、連動を重視した構造躯体づくりを促進させる

小屋裏、軒先等の躯体換気を促進させる

関連するゴール
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を保持し、福祉を促進する
すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
 気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる  

 


快適な住環境をつくり出す理論・ノウハウの普及活動
 
気密化は空気の移動、温度の変化をコントロールする技術です。流体力学に基づいた正しい理論、ノウハウを提供しています。

正しい計画換気理論・ノウハウの提供
人間が生きていくためにはきれいな空気、心地よい温熱環境が必要です。その技術ノウハウを提供しています。

地域環境に適した気密・換気材の提供
住環境は地域の気候、風土を無視しては語れません。温暖・寒冷・多湿・乾燥の要素に適した気密・換気材を提供しています。



SDGsに企業として取り組み、社会からも必要とされる企業を目指す
日本住環境はSDGsに賛同し、少しでも社会に貢献できるような企業になれるよう、今後とも努力を惜しまず事業展開をしていきます。