セミナー情報詳細

HOME > セミナー情報一覧 > セミナー情報詳細

開催日予定日2018.07.31(火) 開催地区東京都
<7/31(火)開催>「経年劣化を耐え抜く住宅づくりセミナー」 in東京

入梅の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さてこのたび「経年劣化を耐え抜く住宅づくりセミナーin東京」といたしまして、下記の内容のとおり開催させていただきます。

ご多忙の中とは存じますが、是非ともご参加頂きたくご案内申し上げます。敬具


日時 2018/07/31(火)14:00~16:30 受付:13:30~
開催地区 東京都
会場 フォーラムミカサ エコ 8Fホール 
【会場住所】東京都千代田区内神田1-18-2 内神田東誠ビル

●JR線 神田駅 西口より徒歩5分
●東京メトロ銀座線 神田駅 4番出口より徒歩5分
●東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A2・A4番出口より徒歩5分
●東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B6番出口より徒歩6分、A4番出口より徒歩5分
●都営地下鉄新宿線 小川町駅 B6番出口より徒歩6分、A4番出口より徒歩5分
内容 【第1部】劣化対策:防蟻編
平成23年9月にホウ酸系薬剤が日本木材保存協会に認定され、翌24年3月にホウ酸処理が長期優良住宅に適合しました。世界で標準的に行われている防蟻処理について解説。
<講師企業>日本ボレイト株式会社

【第2部】劣化対策:通気編
漏水、結露事例から学ぶ、最適な納まりと商品選び。ワンランク上の住宅造りのためのポイントを解説。
<講師企業>日本住環境株式会社

【第3部】雨漏り事故から学ぶ木造住宅の「防水」について
人口、世帯数の減少という環境のもと、住宅市場は変革の時を迎えております。我々は、これからの時代は「住宅を購入したら終わり」ではなく、その住宅に適切な点検・維持メンテナンスを実施し、住宅の資産価値を維持して頂くことが必要だと考えています。
<講師企業>住宅保証機構株式会社

【第4部】防水・通気部材のご紹介
破風無し軒ゼロを実現。狭小地、準防火地域での採用率が高い商品をご紹介。
<講師企業>日本住環境株式会社
定員 50名
参加費 無料
※事前予約制。定員に達し次第締め切りとなります。
主催 【主催】日本住環境株式会社 【共催】住宅保証機構株式会社、日本ボレイト株式会社  ※50音順
締切 2018.07.30 (月)17:00
申込方法 下記の「参加申込する」ボタンよりお申し込みください。 または、FAXでのお申し込みもご利用いただけます。 下記の「セミナー案内申込書」をプリントアウトし、必要事項をご記入の上お送りください。 FAX:03-5289-3307
備考 *セミナー内容及び、時間割については、予告なく変更する場合がございます。予め、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

――――個人情報保護について――――
お申込み頂いた内容は、今後お客様への提案活動の参考情報としてのみ利用させて頂きます。弊社ではお客様より収集させて頂いた情報を適切に管理し第三者に開示・提供致しません。

オリジナルコンテンツ

  • 日本住環境が第2弾の著書を出版しました!
    「高気密木造軸組住宅をもっと知ろう」

    住宅づくりの新しい常識 高気密木造軸組住宅をもっと知ろう木造軸組住宅の高気密化の必要性等を解りやすく解説しております。これから家を建てたいと考えている人にもおすすめの一冊です。
    詳細・ご購入

  • 日本住環境が著書を出しました!
    「高断熱高気密住宅」

    日本の木造住宅の常識を変えた高断熱高気密住宅高断熱高気密住宅に関する公平で正しい知識の普及に役立つ入門書として、なるべく専門用語を使わないよう、やさしく解説しております。
    詳細・ご購入

  • ぐーぱる君の旅」スタート!
    日本住環境の様々な情報をお届けします。

    「日本住環境サテライト」ぐーぱる君が旅をしながら様々な情報をお届けします!
  • 日本住環境が換気ファンの交換サービスをスタートしました!

    出張換気ファン交換サービスのご案内
  • 高気密・高断熱」についてご説明します。

    心地よい住宅ってナニ?快適な住まいへのキーワード
  • 室内換気」の必要性をご説明します。

    クラベエの比べるワープ 換気は歓喜のストーリー
  • 屋根裏換気」の必要性をご説明します。

    屋根裏換気を怠ると、大変なコトになりますよ キラわれキノコの一生
  • 長期優良住宅」についてご説明します。

    絵日記 ボクらの家
  • 木造住宅の寿命を長くする防水・通気のノウハウ」についてご説明します。

    絵日記 ボクらの家

Get ADOBE READER
このコンテンツをご利用になるには最新の「Acrobat Reader」が必要です。