HOME > 製品情報 > 躯体換気材 > サイドベンツ

瓦下取付型の棟換気材

  • 瓦下の野地面取付けタイプ
  • J形、F形、S形、瓦の形状を選びません
  • 方形、寄棟屋根の棟長さのとれない屋根に最適

サイドベンツ(瓦下取付け型野地面換気ガラリ)

サイドベンツの特長

今までの方形・寄棟屋根の棟の長さのとれない屋根面に4方向サイドベンツ設ける事により小屋裏換気が促進されます。

(サイドベンツは、屋根面上部に設置することにより、より性能が発揮されます。)
瓦下取付型なので、ほとんどの和型・平板・S型瓦に対応出来ます。1本当たり(910mm)の有効開口面積が147cm2と高性能。
工法は、乾式・湿式と施工方法を問いません。
また外壁との取り合いが絡む下屋部分や片流れ屋根にも取り合いに気にせず使用可能です。


サイドベンツ納まり例

サイドベンツ施工例

・サイドベンツの小屋裏換気孔面積設置基準について

(財)住宅金融普及協会の「木造住宅工事仕様書」にある小屋裏換気孔の設置位置の中に「排気筒その他の器具を用いた排気孔は、できるだけ小屋裏頂上部に設けることとし排気孔の面積は、天井面積の1/1600以上とする。また、軒裏に設ける吸気孔の面積は天井面積の1/900以上とする。」とされています。

そのため、サイドベンツも”棟排気筒その他の器具”として、小屋裏頂上部上部からみて瓦桟間隔の1段目、2段目のできるだけ小屋裏頂上部に設置することで、天井面積の1/1600以上に該当すると考えます。


製品詳細

商品名 寸法(mm)
厚,幅,長
有効開口面積 原材料 数量/ケース 設計価格
/ケース
サイドベンツ 910
(PAT.P)
25×115×935
147cm2/本 ポリプロピレン(通気部)
ガルバリューム鋼板(板金部)
4本 40,000円
サイドベンツ 455
(PAT.P)
25×115×480
71cm2/本 ポリプロピレン(通気部)
ガルバリューム鋼板(板金部)
4本 25.000円

※消費税/工事費は含まれておりません。

オリジナルコンテンツ

  • 日本住環境が第2弾の著書を出版しました!
    「高気密木造軸組住宅をもっと知ろう」

    住宅づくりの新しい常識 高気密木造軸組住宅をもっと知ろう木造軸組住宅の高気密化の必要性等を解りやすく解説しております。これから家を建てたいと考えている人にもおすすめの一冊です。
    詳細・ご購入

  • 日本住環境が著書を出しました!
    「高断熱高気密住宅」

    日本の木造住宅の常識を変えた高断熱高気密住宅高断熱高気密住宅に関する公平で正しい知識の普及に役立つ入門書として、なるべく専門用語を使わないよう、やさしく解説しております。
    詳細・ご購入

  • ぐーぱる君の旅」スタート!
    日本住環境の様々な情報をお届けします。

    「日本住環境サテライト」ぐーぱる君が旅をしながら様々な情報をお届けします!
  • 日本住環境が換気ファンの交換サービスをスタートしました!

    出張換気ファン交換サービスのご案内
  • 高気密・高断熱」についてご説明します。

    心地よい住宅ってナニ?快適な住まいへのキーワード
  • 室内換気」の必要性をご説明します。

    クラベエの比べるワープ 換気は歓喜のストーリー
  • 屋根裏換気」の必要性をご説明します。

    屋根裏換気を怠ると、大変なコトになりますよ キラわれキノコの一生
  • 長期優良住宅」についてご説明します。

    絵日記 ボクらの家
  • 木造住宅の寿命を長くする防水・通気のノウハウ」についてご説明します。

    絵日記 ボクらの家

Get ADOBE READER
このコンテンツをご利用になるには最新の「Acrobat Reader」が必要です。